忍者ブログ
HOME   »   【D4Konzert】  »  【ペーパー1】OneCoinCollection-GameArrangeVol.3-
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
いつもどおり後書コメントですー。


---------------------------------
【音楽担当:ゆきっと】
「OneCoinCollection ~GameArrange Vol.3~」を
お買い上げいただきましてありがとうございます。

トラック1「母港-紅く、紅く、花吹雪-」担当のゆきっとです。
毎度おなじみ、ピアノ変奏曲ゴリ押し担当となっております。

今年は初の試み!「同じテーマでメンバーが違う編曲をする」が御座いましたが、
如何でしたでしょうか?
想像通りと申しますか、同じ母港なのに雰囲気が全く違うという。
本当、同じテーマに聞こえませんね。笑。
出来上がってきた曲を聞いて、笑ってしまいました。
バックグラウンドが違うとこうも違う曲になるとは!
正直、やってる本人達が、一番面白がってたのかもしれません。

担当曲のお話でも。
今年はなんと、はじめて知っているゲームの曲だった(!)ということで……。
例年とは違う意味でほんのちょっと、微妙に難儀しました。
思い入れというものの違いかもしれないです、ね。笑。

題名は「母港-紅く、紅く、花吹雪-」でしたが、これでニヤリとしてくださった方、
あなた、アニメの艦これ見ましたね?(*´∀`*)
お察しの通り、EDの曲の中の歌詞「白く、白く、吹雪のような」からの題名となります。
まぁ主人公が吹雪ちゃんなので、何らかの形で「吹雪」と付けたかったんですよね。笑。

最初は「紅く、紅く、吹雪のような」とつけかけたんですが、
『その題名じゃ、母港で戦闘起きてる。血しぶきだ!』
と言われ、「紅く、紅く、花吹雪」とあいなりました。笑。

花吹雪といえば、日本では桜吹雪です。
桜といえば?やはり童謡「さくらさくら」じゃないかと思うんですね。
ということで、「さくらさくら」もモチーフに用いたピアノ編曲となります。

リズムは違えど、童謡のさくらさくらが至る所に散らばっているので、
花吹雪の雰囲気は多少だせたかなぁ……?と思いますが、如何なものでしょうか。
因みに、水戸黄門(ああ人生に涙あり)も一部入っております。

というと、大体「あ、左手のリズムね!」って言われるんですが、
左手のリズムだけじゃなく、メロディラインの中に一部モチーフが紛れています。
さぁ、どこでしょう(笑)もしよければ探してみてください。笑。
答えが見つかったら、私ゆきっとにまでお知らせくださいね!
今のところ正解者はおりません。笑。
最初の正解者には、ゆきっとから盛大なお祝いの言葉を送らせていただきます(ぇ。

さて、例年のことですが……。
当曲は、私自身がピアノで弾きながら編曲しております。
例年通り、弾くのにはさほど無理のない構造になっているはずなので
(一部、DTMとして、音の重厚さを出すために、余計な曲が入っていますが、
 そこら辺はさくっと削除してくださいね^^)、
弾いてもらえたらなぁなどと思います。笑。
なお、ご興味の有る方は、譜面も有りますのでお声をお掛け下さい?ぇ。

ま、そんなこんなで……。
「母港-紅く、紅く、花吹雪」、どなたか一人でもお気に召して頂けたなら
恐悦至極に御座います。
そして。
どうぞ今後共、D4Konzertをご贔屓頂けましたら幸いに存じます。

追伸
来年は余裕の入稿!余裕で録音!
(と毎年言って、ギリギリに編曲あげるもので録音まで手がry)
---------------------------------


---------------------------------
【音楽担当:ゆみつか】
トラック2,3担当の ゆみつか です。

艦これアニメ、賛否ありましたね。
でも、ぶっきー可愛かったからいいカナって。
ダメですか?そうですか。
希望としては、大北ではなく扶桑・山城姉妹を出して欲しかったわ。


さて。
扶桑「提督、いい天気ですね」
と、今年のM3は天気も良くて良くて外出日和!
だったのですが、ワタシはイベントスペースの日陰で戦艦「山城」状態…。
理由は後ほど…。


さて、不甲斐ない曲数になってしまったVol.3でしたが、
やりたかったこと3つは出来たカナ? と思っています。

ひとつめ、他メンバーと同じ曲をアレンジするというもの。
「クラシックピアノ」出身(寧ろ、演奏者であり先生?)と、
「雑食」のワタシ…当たり前のように出来上がるものは方向性が別々に。
教育に加えて、アレンジプロセスや考え方が違うからかもですね…。
後者については、いずれ色々訊いてみたいなぁ…。

ふたつめは、シネマティック音源使いたかった…だけ!
他に理由も無く、ノリで買っちゃったので使いたく。
ちなみに、DAMAGEというKONTAKT用の音源なのですが、
ループ素材しかり、無機質な金属音の単発も充実していて、
けっこーお気に入りです。

最後みっつめ、紙パッケージにしてみる。
「CDケース」をいったん離れてみようかな…と思いまして。
ジャケット刷って、切って、ケースに入れての時間短縮できるかな?
などと高をくくっていましたが、そんなに変わりませんでした…。
紙を「折る」のに時間がかかって…えぇ…。

あとは、大理石模様の紙を使ってみたのですが、
ジャケ絵を刷ったら模様が目立たなくって…そこも失敗でしたね。



曲について。
1.母港 -模様替え:バーカウンター-
 バーカウンターに模様替えした薄暗い提督室のイメージです。
 原曲が「短調」なので、くらーい雰囲気で始まりますが、
 途中で秘書艦娘が遊びに来たので一部「長調」コードに切り替えています。

 想像してみたところどうでしょう?
 どの艦娘が来たのかは、提督によって違うのではと思います。

 落ち着いたJazz風にしているので、駆逐っ娘ではちと厳しいかも…?
 ちなみにワタシのイメージは「陸奥」。
 イロモノ要素を抜いた「金剛お姉様」、「足柄ちゃん」もいいですね!
 お気に入りの「山城」だったら逆に暗くなりますが何か…。


2.AL作戦 ボス戦 -冷たき深海へ-
 艦これはまだまだ3-1なので、ALどころではありませんが…
 北方海域での戦闘前の緊張感だったりを表現できればとした次第。
 音源を使いたかっただけで、理由は後付けなんてことは無い。…たぶん。

 本当は…曲に続きがあったのですが。
 完全に「みんな轟沈」にしか聞こえなかったので、削っちゃいました…むぐぐ。



最後に「山城」状態の件です。
M3初参加は「2005春」からなのです。
(ちゃんと電子化されてサークルカットが残ってるなんて!)
当時は一般入場さんとの立ち話もそこそこあったのですが、
最近はめっきりで、なだか寂しいなぁ…と思っているんですよね。
(そこに楽しみを求めすぎてるのかも知れませんネ)

メンバーで時間を工面してアレコレ作るのは楽しいのだけど、
「イベント参加は活動するための口実」
ここに収束しちゃうのが一番ダメなパターンだよねぇ…。

なので、
「在り方」と「やり方」は変えなきゃいけないのかも知れない…と。

Vol.3まででて一区切りついた感もありますので、
いい方向性に向けて、訊いて、考えて、みんなで決めなきゃにゃしぃ…。


---------------------------------

拍手[0回]

PR
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password