忍者ブログ
HOME   »  【D4Konzert】
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
1

いつもどおり後書コメントですー。


---------------------------------
【音楽担当:ゆきっと】
「OneCoinCollection ~GameArrange Vol.3~」を
お買い上げいただきましてありがとうございます。

トラック1「母港-紅く、紅く、花吹雪-」担当のゆきっとです。
毎度おなじみ、ピアノ変奏曲ゴリ押し担当となっております。

今年は初の試み!「同じテーマでメンバーが違う編曲をする」が御座いましたが、
如何でしたでしょうか?
想像通りと申しますか、同じ母港なのに雰囲気が全く違うという。
本当、同じテーマに聞こえませんね。笑。
出来上がってきた曲を聞いて、笑ってしまいました。
バックグラウンドが違うとこうも違う曲になるとは!
正直、やってる本人達が、一番面白がってたのかもしれません。

担当曲のお話でも。
今年はなんと、はじめて知っているゲームの曲だった(!)ということで……。
例年とは違う意味でほんのちょっと、微妙に難儀しました。
思い入れというものの違いかもしれないです、ね。笑。

題名は「母港-紅く、紅く、花吹雪-」でしたが、これでニヤリとしてくださった方、
あなた、アニメの艦これ見ましたね?(*´∀`*)
お察しの通り、EDの曲の中の歌詞「白く、白く、吹雪のような」からの題名となります。
まぁ主人公が吹雪ちゃんなので、何らかの形で「吹雪」と付けたかったんですよね。笑。

最初は「紅く、紅く、吹雪のような」とつけかけたんですが、
『その題名じゃ、母港で戦闘起きてる。血しぶきだ!』
と言われ、「紅く、紅く、花吹雪」とあいなりました。笑。

花吹雪といえば、日本では桜吹雪です。
桜といえば?やはり童謡「さくらさくら」じゃないかと思うんですね。
ということで、「さくらさくら」もモチーフに用いたピアノ編曲となります。

リズムは違えど、童謡のさくらさくらが至る所に散らばっているので、
花吹雪の雰囲気は多少だせたかなぁ……?と思いますが、如何なものでしょうか。
因みに、水戸黄門(ああ人生に涙あり)も一部入っております。

というと、大体「あ、左手のリズムね!」って言われるんですが、
左手のリズムだけじゃなく、メロディラインの中に一部モチーフが紛れています。
さぁ、どこでしょう(笑)もしよければ探してみてください。笑。
答えが見つかったら、私ゆきっとにまでお知らせくださいね!
今のところ正解者はおりません。笑。
最初の正解者には、ゆきっとから盛大なお祝いの言葉を送らせていただきます(ぇ。

さて、例年のことですが……。
当曲は、私自身がピアノで弾きながら編曲しております。
例年通り、弾くのにはさほど無理のない構造になっているはずなので
(一部、DTMとして、音の重厚さを出すために、余計な曲が入っていますが、
 そこら辺はさくっと削除してくださいね^^)、
弾いてもらえたらなぁなどと思います。笑。
なお、ご興味の有る方は、譜面も有りますのでお声をお掛け下さい?ぇ。

ま、そんなこんなで……。
「母港-紅く、紅く、花吹雪」、どなたか一人でもお気に召して頂けたなら
恐悦至極に御座います。
そして。
どうぞ今後共、D4Konzertをご贔屓頂けましたら幸いに存じます。

追伸
来年は余裕の入稿!余裕で録音!
(と毎年言って、ギリギリに編曲あげるもので録音まで手がry)
---------------------------------


---------------------------------
【音楽担当:ゆみつか】
トラック2,3担当の ゆみつか です。

艦これアニメ、賛否ありましたね。
でも、ぶっきー可愛かったからいいカナって。
ダメですか?そうですか。
希望としては、大北ではなく扶桑・山城姉妹を出して欲しかったわ。


さて。
扶桑「提督、いい天気ですね」
と、今年のM3は天気も良くて良くて外出日和!
だったのですが、ワタシはイベントスペースの日陰で戦艦「山城」状態…。
理由は後ほど…。


さて、不甲斐ない曲数になってしまったVol.3でしたが、
やりたかったこと3つは出来たカナ? と思っています。

ひとつめ、他メンバーと同じ曲をアレンジするというもの。
「クラシックピアノ」出身(寧ろ、演奏者であり先生?)と、
「雑食」のワタシ…当たり前のように出来上がるものは方向性が別々に。
教育に加えて、アレンジプロセスや考え方が違うからかもですね…。
後者については、いずれ色々訊いてみたいなぁ…。

ふたつめは、シネマティック音源使いたかった…だけ!
他に理由も無く、ノリで買っちゃったので使いたく。
ちなみに、DAMAGEというKONTAKT用の音源なのですが、
ループ素材しかり、無機質な金属音の単発も充実していて、
けっこーお気に入りです。

最後みっつめ、紙パッケージにしてみる。
「CDケース」をいったん離れてみようかな…と思いまして。
ジャケット刷って、切って、ケースに入れての時間短縮できるかな?
などと高をくくっていましたが、そんなに変わりませんでした…。
紙を「折る」のに時間がかかって…えぇ…。

あとは、大理石模様の紙を使ってみたのですが、
ジャケ絵を刷ったら模様が目立たなくって…そこも失敗でしたね。



曲について。
1.母港 -模様替え:バーカウンター-
 バーカウンターに模様替えした薄暗い提督室のイメージです。
 原曲が「短調」なので、くらーい雰囲気で始まりますが、
 途中で秘書艦娘が遊びに来たので一部「長調」コードに切り替えています。

 想像してみたところどうでしょう?
 どの艦娘が来たのかは、提督によって違うのではと思います。

 落ち着いたJazz風にしているので、駆逐っ娘ではちと厳しいかも…?
 ちなみにワタシのイメージは「陸奥」。
 イロモノ要素を抜いた「金剛お姉様」、「足柄ちゃん」もいいですね!
 お気に入りの「山城」だったら逆に暗くなりますが何か…。


2.AL作戦 ボス戦 -冷たき深海へ-
 艦これはまだまだ3-1なので、ALどころではありませんが…
 北方海域での戦闘前の緊張感だったりを表現できればとした次第。
 音源を使いたかっただけで、理由は後付けなんてことは無い。…たぶん。

 本当は…曲に続きがあったのですが。
 完全に「みんな轟沈」にしか聞こえなかったので、削っちゃいました…むぐぐ。



最後に「山城」状態の件です。
M3初参加は「2005春」からなのです。
(ちゃんと電子化されてサークルカットが残ってるなんて!)
当時は一般入場さんとの立ち話もそこそこあったのですが、
最近はめっきりで、なだか寂しいなぁ…と思っているんですよね。
(そこに楽しみを求めすぎてるのかも知れませんネ)

メンバーで時間を工面してアレコレ作るのは楽しいのだけど、
「イベント参加は活動するための口実」
ここに収束しちゃうのが一番ダメなパターンだよねぇ…。

なので、
「在り方」と「やり方」は変えなきゃいけないのかも知れない…と。

Vol.3まででて一区切りついた感もありますので、
いい方向性に向けて、訊いて、考えて、みんなで決めなきゃにゃしぃ…。


---------------------------------

拍手[0回]

PR
前ページからの続きです。

---------------------------------
【音楽担当:ゆきっと】
毎度おなじみ、編曲の空気を読んでいないゆきっとです。
2番収録の、Purple Eyesを担当させていただきました。

CDお買い上げいただきましてありがとうございます。
色々な嬉しいお言葉も頂いたようで、感謝いたします(ぺこり)

相変わらず、ゲームを知らずに編曲をさせていただいております。
去年同様、この曲に思い入れが有る方にご不快な思いをさせなかったかどうかがとても心配です。
だ、大丈夫でしたでしょうか?

編曲のお話を少しだけ。
「悪魔城ドラキュラ」というゲームの曲だということは認識していたので、
何となく古い教会のイメージで鐘や、舞踏会をイメージした和音を入れたりさせていただきました。
成功しているかどうかは……皆様の判断にお任せしたいと思います。
というか、イメージがあってるかどうかもわからないんですが、あってました?汗。
冒頭は「あっ!」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、
Rachmaninovのピアノ協奏曲2番のイメージから取りました。
その後は……まぁありがちですが変奏曲に(笑)
えっと、最後の方、Chopinっぽくなった気もしましたが、きっと気のせいです。
去年同様、私がピアノ弾きというのもあり、ピアノでこねくり回しながら編曲いたしました。
弾くのには無理のない構造になっているはずなので、弾いてもらえたらなぁなどと思いますが……どなたか如何でしょう(チラ見。
譜面も有りますよ?ぇ。
(一部微妙な部分はありますが、これは生音とは違い、
どうしてもDTMでは重圧感がなかったため、泣く泣く音を足した部分です。
そこら辺はさくっと音を外しちゃってくださいw)
……去年の曲同様、機会があったら、私が自己責任でピアノで弾いて、ご提示出来ると良いなぁとは思いますが……なかなか時間が(汗)

ま、そんなこんなで……。
Purple Eyes、お気に召してくださった方が少しでもいらっしゃったら、本当に嬉しいです。
どうぞ今後共、D4Konzertをご贔屓頂けましたら幸いに存じます。
---------------------------------


---------------------------------
【音楽担当:ゆみつか】
音楽担当(Tr.1/3/4/5)の ゆみつか です。

今年のテーマはピアノごり押し! Tr.5以外はPianoメインです。
昨年は真面目・綺麗なアコギ主軸のゆったりしたナンバーが多めでしたので、
ちょっと作風を変えて、思い切りの良さで勝負してみました。
Tr3,4アタリが思い切り良い感じなのですが…どうでしょう?

今年は1曲あたり3行+αでコメントまとめます!
■01_悲しみの舞踏会
 「オリジナルはDS音源なので綺麗な音で聴きたい!」
 というワケで、自分でやってみた誰得曲。(完全に自分得
 オケの中で埋もれるPianoを活かすのが大変でした(Mixing的に)。
 金管の響きと、低域の弦楽器は綺麗にできたカナ?


■03_見上げよ、闇を
 メロディが綺麗で好きな曲なんです。
 原曲は案外シンセっぽいのですが、思い切ってPianoTrioJazzにしました。
 ピアノ弾きの方にはバレるかもしれませんが、手が3つ無いと弾けません!!
 響きの問題で低い音を弾いたり、無茶なOpenVoicingしたり…です(汗
 

■04_黄昏の聖痕
 ジャケ絵がシャノアさんなので「刻印」の曲が必須となり急遽抜擢!
 神曲と称される「聖痕」でしたが、破壊系アレンジになりました。
 …思いついちゃったものは仕方ない…いざ「→Pia-no-jaC←」風!
 \すみません/\ここです/


■05_Beginning~Aquerius
 HDにはBeginningがなかったんです…のでRockアレンジ!(自分得
 DTMにとってこの手のGuitarって打ち込むのが面倒なのですが、
 KONTAKT向けに作られた便利な音源があったので助かりました。
 …Aqueriusはオマケです(コラ

さてさて…Vol3はあるんでしょうか…。
オリジナルもやってみたいような、そうでもないような…。
---------------------------------



---------------------------------
【音楽担当:玲*】
玲*です。
今回は6と7(オマケ音源)の2曲をピアノアレンジしました。
Vol.1はXFD落としたけど、Vol.2は6だけでも入れられて良かったです。ハイ。

CDの方針を決めた際にアクションゲーム&ピアノ推しとなり、
紆余曲折の末、何処に需要があるの?という2曲に。
選曲に深い意味はまったくありません。
他2人が悪魔城シリーズやってるからって
合わせるよなそんな技術力も空気も読めn(ry

以下、曲語り。

■06.魂の旋律-main theme-(Soul Sacrifice:PS Vita)
原曲がフルオーケストラ+コーラス付ということで
ピアノアレンジする際に重厚な音数をどう削るかが一番の課題となりました。

頭の中でずっとラフマニノフ、ラフマニノフ唱えてたのですが、
どうやらゆきっとさんも同じだったようで。笑 ※アレンジに関する打ち合わせは皆無
しかーし、完成してみたらイトケンさん(※ロマサガ等の作曲者)ぽくなってました。
(最初にイメージしたのはラフマニノフの「鐘」だったんだよ、ホントダヨ)
中間音をPanで左右振り分けて遊んでたりしてたら
ますますイトケンさん風に・・・到達地点ドコダッケ?
(その節はMix担当のyumitsukaさんにかなりご迷惑をお掛けしました)

そして最後の方に出来たのは冒頭でした。
先に完成されていたBeginningの末尾を何度も聞いて
CDとしての流れを壊さないように注意してみた、つもり。

Panも冒頭も時間無かった(※M3前日の夕方)のに何やってるのやらでしたが
勉強になった一曲です。


■07.井戸のテーマ(迷宮組曲:FC)
CDのみのオチ用オマケ音源。

脳内で、大好きな「Jack(@→Pia-no-jaC←)」の左手と
井戸のメロディーラインが妙に一致してしまったんだよ!
作りたくなっちゃったんだよ!

打ち込んでて大変楽しかったです。
完成に2時間掛かってないなんてここだけの話(ry
アリガトウ、そしてゴメンナサイ。


楽しんでいただけたら幸いです。本当に幸いです。
------------------------------

拍手[0回]

こんばんわ、yumitsuka@D4Kです。

俗に言うペーパー的な何かを今回も。

--------------------------------------
【イラスト担当】
ジャケットイラストを描かせていただきました小島卓です。

イラストを気に入っていただけた方がいたらいいなぁと思ってます。
毎度のことですが、絵の見せ方、絵柄の異なる絵(今回は悪魔城やソルサク)を
自分の絵に落とし込む難しさ、人物の基本の重要性を再認識します。
どこかで絵を描いているやもしれませんが、見かけた際はよろしくお願いします。
--------------------------------------


--------------------------------------
【クロスフェード(ムービー)担当】
クロスフェード動画担当のcamijoh (カミジョー)です。

動画はニコ動とYoutubeにアップしました!ご視聴頂いた方、ありがとうございます!

今回は悪魔城シリーズの曲が多いと聞いてましたので、
悪魔城っぽい背景を作りました(そのままw)。

背景イラストは、イチからゴリゴリ描くのではなく、
フリーの写真素材探してきてそれを合成、加筆修正して仕上げる!
という手法を試してみました。

↓加筆前後画像。
https://twitter.com/camijoh/status/457918382445039616/

イラストの中でイチから描いたのは左下のシャノアさんシルエットぐらいですね。
今思えば、城みたいな目立つ物は、もうちょいベースで描いてから写真使えばよかった
なぁと思ったり。。(真ん中あたりの形状は、サグラダ・ファミリアまんまだし)

毎回、色んな手法を試していきたいなー。
--------------------------------------


デザイン部門はここまで!
音楽担当はまた追って。

拍手[0回]

前ページからの続きです。

---------------------------------
【音楽担当:ゆきっと】
ゆきっとです。
5番収録、FF7のコスモキャニオン(Piano Arrange)を担当いたしました。

先ず、CDお買い上げ頂きましてありがとうございました。
私はイベントには行けなかったのですが、うれしいお言葉を頂いたという報告をメンバーから受けました。
とても光栄であると同時に、力になりました!
ありがとうございました。

そして次に、謝らせてください。
ごめんなさい。

私、ゲームを殆どしない人間ですorz
やったことがあるといえば、スーパーマリオとぷよぷよ位。

こんな人間が、D4Konzertのメンバーとはいえ、このCDに参加していいものか、実は迷いました(苦笑)
メンバーの生暖かい(?)励ましがなければおそらく、この曲はお蔵入りしていたことでしょう。
メンバーの皆さん、ありがとうございました。

……で、当然のごとくFFも知らないはずの私が、何故コスモキャニオン選んだか。気になりますよね?(あ、ならないか。でも良いです、言っちゃいます。笑。)
中高位の時に、友達に頼まれて採譜した楽譜がたまたま見つかったからです( ー`дー´)キリッ
って、そんな理由でかよというツッコミごもっとも。本当ごめんなさい。

もし、「コスモキャニオン」に、とっても思い入れがある方がいらっしゃったら。
……貴方のイメージを壊さなかったでしょうか?不愉快にさせなかったでしょうか?
それだけが心配です。
そして、もしも不愉快にさせていたならごめんなさい。


さて。
コスモキャニオンの編曲は、自身でピアノを弾きながら編曲いたしました。
ですので、ある程度の腕があれば、「無理なく」弾ける曲になっているのではないでしょうか?
と私は思うのですが、この曲の難易度ってどれくらいなんだろう(悩)

それはともかく、全体を通しては、最初はメロディに関しては極力原曲に忠実に、再現部はそれをThemeとした変奏曲としたつもりです。

そして、変奏曲と言えど「無理な変奏」はしていないつもりです。
でも、それは「曲」としての話ですので、ゲームのイメージとかけ離れていたら本当、ゴメンナサイ。
なお、曲全体のイメージはピアノ協奏曲のピアノ部というイメージでした。
仮想カデンツァ部分(1:30~2:00程度)には、皆の思うであろう「ピアノらしい」動きを取り入れています。
やはりピアノらしいといえば和音とアルペジオ、そして高音から低音までの幅広い音域かなーと(笑)


ま、そんなこんなで……。
もしも、この「コスモキャニオン」のPiano Arrange、少しでもお気に召していただけたのなら、幸いです。

なお、先程も言いましたが、これは「弾ける」曲です。
機会があったら、私が自己責任で(笑)ピアノで弾いて、皆さんにご提示出来ると、また面白い試みになるかもしれませんね^^
あ、要らないかしら?笑。
あ、そこの貴方!!!
ピアノが弾けるのだとしたら、貴方のチャレンジをお待ちしております!笑。
是非弾いてやってください^^
さほど難しくはないはずなので。
た、多分……。
---------------------------------


---------------------------------
【音楽担当:玲*】
玲*です。
4.はるかなる故郷~独りじゃない~いつか帰るところ
の、FF5,9メドレー担当しました。

『愛があればなんとかなる』

と思ったけど全然ダメでした。

アレンジ案がまとまらず溢れる没ファイル。
クロスフェード動画の期限には間に合わず、
最終版の完成はイベント前々日の夜中という
仲間に散々迷惑掛けて出来た渾身の一曲。

誰かにそっと愛でていただけたら嬉しいです。


ホントニサーセン。
---------------------------------


---------------------------------
【音楽担当:yumitsuka】
音楽担当(Tr.1/2/3/6/7)の yumituska です。

M3の申し込みが年末、M3が4月末…。
期間はあったはずなのに、"またしても"イベント前日までドタバタです。
でも、それが楽しいんでよね。え?オカシイ?そんなバカな…。
↑…完全に病気です、本当にありがとうござry

曲については、色々な思いや試行が入っています。
どの曲も、雰囲気や空気感を大切にしてみたつもりです。
うーん、長くなりそうなので、1曲あたり3行でまとめます!

■01_迷宮Ⅰ 碧照ノ樹海(Quartet and AcGuitar)
 世界樹の1階層はどれも印象深い曲ばかりですよね。
 "森林のざわめき"の効果音から始まり、それに終わる曲にしました。
 迷宮に足を踏み入れていく雰囲気を出せればなぁと思います。

■02_迷宮Ⅴ 白亜の森(acoustic night)
 「夜の静けさ」をイメージしてアレンジしました。
 キラキラとした音色や、柔らかい木管の響き、SteelGtの冷えた音。
 樹海の中で見上げる夜空は、きっとこんな空気なんじゃないカナ…と。

■03_迷宮Ⅰ 翠緑ノ樹海(light and shade)
 毒吹きアゲハと鹿(FOE)のイメージが強い曲ですよね!(違
 イントロと間奏、アウトロでは、敢えて音をDistrotionで篭もらせて、
 樹海の深く暗い感じを表現しようと試みてみましたが如何でしょうか。

■06_戦乱 荒れ狂う波浪の果て(Room Orchstra Ver)
 フルまで行かないなりに、オーケストラっぽくしています。
 メロディもドラムも印象的な曲なので、大きく変えずに残した次第です。
 この曲=ペンギン@チャージメテオでレベル上げの印象ががが。

■07_必殺の一撃(SFC Arrange)
 音色とドラムパターンを「ロマサガ」っぽくしてみました。
 GB→SFCへのコンバートが上手くできたかな?と思っています。
 生っぽくないチープな音、とても味があって好きだったりします。
 ※Tr3.6は前身サークル「zwolf Ausf.Q」からの再作成(再録?)です。

その他曲全体としてですが、、、
オケもの音色には音の定位がボけてないように、
プリディレイで原音を活かしつつ、残響でリバーブ感を出していたり、
Compは必要最小限にしたりと、工夫をしてみたつもりです。
それらをなんとなーくまとめてくれる「iZotope Ozone5」、ステキです。

今回はゲームアレンジでしたが、オリジナルもやっぱりやりたいなぁ…
ということで、ミク歌、IA歌もやっていきたいお年頃です。
---------------------------------


ともっと言いたいことは沢山ありそうですが、
削りに削ってこのとおりとなった(ハズ)です。

ジャケットやクロスフェード、音楽を作った「ひと」が何者か…
このWebペーパーから汲みつつ、作品に向かっていただけると、
また新しい発見があるかも知れませんっ。

拍手[0回]

こんばんわ、yumitsuka@D4Kです。

イベントにて頒布しました作品には、「ジャケと音楽」が含まれておりますが、創作側の思いや意図は「文字」にしておりませんでした。
(↑俗に言うペーパー的な何か)

ということで。
各担当が思いの丈をテキストにしましたので、
掲載させていただきますー。

--------------------------------------
【イラスト担当】
ジャケットイラストを描かせていただきました小島卓です。
今回のイラストを気に入っていただけている方が少しでもいれば嬉しいなぁと思います。
描かれているキャラは、世界樹の迷宮からプリセス、FF5からバッツ、FF7からレッド13、SaGaから先生とメカとなっています。
構図、配色等で色々と悩んだところが多かったですが、無事に仕上げれて良かったと思います。
また皆と一緒に作品をつくりあげる機会があることを楽しみにしています。
--------------------------------------


--------------------------------------
【クロスフェード(ムービー)担当】
クロスフェード動画担当のcamijoh (カミジョー)です。
今回はイキオイでCDタイトルロゴとサークルロゴも作ってみました。




なお、私はこのサークルの中で一番音楽に疎いヒトなので(笑)、
他のメンバーが作った曲を一人の聴衆として聞き、
「こんな風になるのか~」と関心しながら動画を編集してました。

ニコ動に上げたクロスフェードを見て、当日来てくださった方も
いらっしゃったようで、本当にありがたいなと思いました。

【M3-2013春】OneCoinCollection ~GameArrange Vol.1~【クロスフェード】


クロスフェードの映像は、小島卓 氏が描いたジャケットイラストを中心に構成しました。
「線画+ベタ塗り+ビビットな配色で、目を引くタッチを目指している」
という話と、そのラフ案をもらい、このイラストのカッコ良さを前面に活かす構成にしよう!と決めました。

また、クロスフェード動画自体、作るのが今回初めてだったため、
過去のM3参加サークルなど、他の方々の動画も参考にしました。
メインは曲なので、動画はあくまで曲を引き立たせるものと意識して
必要な情報と曲が伝わるように心がけました。

なので、画面の動きは、なるべくシンプルに!
(といっても、もう少しエフェクトなど演出してもよかったなぁ、と
思っていたり。。次回作るときの課題ですね。)

画面横に登場するキャラクターは、収録曲の元になった
ゲームタイトルに合わせてあります。
諸事情により、約一名、出番がない子もいますがw

イラストについては、印刷ではくっきりしてた方が綺麗ですが、
映像だとベタ塗りがチープに見えたりもするので、
元イラストのぼかしたものをオーバレイで重ねたり、全体の色調を
調整したりしています。

タイトルロゴは、ゲームっぽいフォントを使用し、
バックにはファミコンカセットによくあった
横線+波のデザインを入れてみました。
(ただ、収録曲がファミコンじゃない、
ということに後で気づくという・・・)

去年はボカロCDだったので、そのうち一曲のPVを作らせていただきました。
今回は、アレンジCDのクロスフェード。
次回は何でしょうね 笑。

音楽を作ることは出来ないですが、それを活かしたコラボ作品が
また作れれば嬉しいです。
--------------------------------------

デザイン部門はここまで!
音楽担当は別投稿にします。

拍手[0回]

こんばんわ、yumitsukaですー。

スペースにお越しいただいたみなさま、M3運営スタッフさま、
本日はお疲れ様でした&ありがとうございましたっ。



おかげさまで頒布分(40部強)完売することができましたっ。

前回のM3ではそーとーに"コテンパン”だったので、
今回の結果は心底嬉しいものとなりました。
(旧譜は「とらのあな」さまに委託中ですー)


結果もしかりですが。
作り手側としては色々嬉しいこと尽くめでした。

・試聴した後に手にとってもらえる
  これは何よりの励みになりますね!
  ジャケ買いではなく、中身を聴いて手にとってもらえる、
  曲担当としてこれほど嬉しいものはありませんっ。

・「いくらですか?」→「100円です」 →「へ?w」/「安すぎません?」
  このやりとりは何度かありましたネ。
  評価が対価を上回った結果のものと思っておりますー。
  評価ベースが100円ではありますが、評価がもらえるのは嬉しいこと。
  ちなみに、200円おいていかれる方もおりました…びっくり!

  やっぱり手にとってもらうこと、聴いてもらうことが優先!
  資金回収とかどーでもいいんです、作り手と買い手で楽しみを共有できれば!


書ききれないこと色々ありますが、
イベントの醍醐味は「手渡し」「会話」「やりとり」だと思っています。
かれこれ10年ちかく活動しておりますが、何年経ってもこれは楽しいものですネ!


【次回予告ー】
 次は、M3春2014だと思われます。
 …M3秋2013は川崎ハロウィンとバッティングしてしまうんですよねぇ…残念。
 参考:カワハロ http://lacittadella.co.jp/halloween/
 あの日だけは、仮装(コスプレ?)して川崎を歩き回れるというステキな日!!
 


と話がそれちゃいましたが、イベント以外にも、
ニコ動などなど細かな活動してみたいなと思いつつ…。

どこぞで「D4Konzert」という単語を見ましたら、
ご贔屓にしていただけると幸いです。

拍手[2回]

こんばんわ。

肺炎もどきをやらかして、暫く寝たきりに近かった ゆみつか です。
起きる気力も食べる気力もなければ、DAWなど起動できるハズもなく…。

動けない自分、刻一刻と近づくM3 …久々に恐怖しました…。


ですが、もう大丈夫!
体調も戻ったし、メンバーも頑張ってくれましたので、
間に合う算段が取れましたっ。

とフライング気味ですが新譜情報をば。

【タイトル】
 OneCoinCollection ~GameArrange Vol.1~
【内容】
 M3カタログ サークルカット参照
【頒布価格】
 100円 ←わんこいんなので。


と、こんな感じでいこうカナと思ってます。
ジャケ絵やクロスフェードは、4.21以降に展開できるかもです。

作成途中の画面を担当から貰いましたので展開しまーす。
クロスフェード作成中....

ジャケット絵作成中....



拍手[0回]

M3準備会さん手続きお疲れ様でした!

ということで、参加決定ですのー。

ちなみに。
「N07b」という島中どまんなかなポジションになります。
素通りゾーンか!(違

あれこれ出来たら、情報投下していきますー。

拍手[0回]

もう9日になってしまいましたが、新年でございます。

「1月といえばM3の申し込み!」 ということでですね…。
前回は惨敗だったのですが、また参加したいにゃーと思いまして、
タイトルのとうり申し込みをいたしました。

苦労しながらも、みんなとモノ創るのが楽しい!
コレに尽きますねっ!

コミケにも何度かでてみてはおりますが、
オタク(大田区)Pioホールから、TRCに移ったけども
発表の場はやっぱり、同人活動を始めたきっかけ「M3※」だなぁとしみじみ…。
※第15回 M3 (2005年春)

さてサークルカットはこんな感じ。


前回はオリジナルのミク・IA歌ものでしたが、
今回はアレンジをやってみようと思います。
旧zwolfではアレンジモノが主軸でしたが、
D4Konzertメンバーでは初試みになりますね。

今回はにゃんと!
グランドピアノの生録音源も準備できるかもです。
これはどちらのサークルでも初試み。
録音経験ないケド上手くいくかしら…。(アレも技術よね)


と色々画策はしているものの、まずは…

当選すると良いナァ…。

拍手[0回]

こんばんわ、ゆみつーです。

こんな企画があるのを知りましてですね…
http://info.nicovideo.jp/v3contest/
なんとなく面白そうだったので参加してみましたっ。

是非是非聴いてみてください!

【SpiceDice】 作詞・作曲:玲*


先のM3新譜「わんこいんこんちぇると(※)」に、
※http://twintail.zoku-sei.com/Entry/44/
収録しているものとは、ちょっとだけ変更されています。

・Liveっぽく少しリバーブ深め
・IAさんボーカルをMelodyneで補正

…やっぱりMusiMakerのElastickPitchだけじゃ厳しいね…。
そもそもワタシの使うDAWがTracktion3なのだから、
DAWまたいで作業しちゃあかんのですよ…ううう。

拍手[0回]