忍者ブログ
HOME   »   VST(i)  »  WavesのPowerNativeの中身メモ。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
毎度どうもです。

M3-2013春 の際に作ったOneCoinCollection GameArrange Vol1ですが、
どうにも音量・音圧稼ぎに失敗した節があってですね…。

M3-2014春は同じヘマはしまいと、セールに便乗してタイトルのものをゲットしました。
が…それぞれplugiが何者なのか分からず仕舞いで、ここまで来ました!


折角なので使いながらまとめてみました。


【C1】
 3種類× Stereo/Mono の計6つ。

 ・C1Comp Stereo/Mono
  普通のコンプレッサー。

 ・C1Comp-sc Stereo/Mono
  1周波数帯についてComp。
  低域だけCompして締めるなどなどの使い方かな…?

 ・C1Comp-Gate Stereo/Mono
  上の2つは置いておいて、これを使えばいいんじゃ…。
  1周波数帯を軸(※)にCompやGate、Enhanceができるコンプレッサー(?)。
  「潰す(Comp)」だけじゃなくて「強める(Emhance)」がいけるので、
  低域強調しながらCompが出来たりと良い感じ。
  (※:HighPass/LowPass/BandPass/BandReject)


【DeEsser】
 Stereo/Monoの2つ。
 言わずもがな(省略)。


【Doubler】
 2種類 × Mono/Stereo/Monostereo の計6つ。
 音の発生源を増やせるエフェクタ。
 ボーカル・コーラストラックを膨らませたりするのかも…(謎
 ちなみに、発生源にはこんな設定値があるみたい。
  ・Pan
  ・Volume
  ・Delay
  ・FeedBack
  ・Detune
  ・Modulation Depth/Rate
 Delayが100[ms?]までなので、「こだま」のようには出来ません…ううう。
 それは後の「SuperTap」が実現しているのでOKのようです。


【IDR】
 Stereo/Monoの2つ。
 名前がアレで分かりづらいだけでした…「Dither」です。

 オーディオCDは44.1kHzの16bitですが、
 DAW内の処理で32bitや24bit処理していると、16bit変換時に劣化します。
 これを補うためのもの。
 
 ミックスダウンするときに、Masterの最後に挿んでおくということで。


【IR-L】
 Mono/Stereo、Full、Efficientの計4つ。
 リバーブです。
 プリセットのデフォ値がほど Dry=0/Wet=100になっているので
 「ナニコレ!?」ってなりますが、Dry値を上げれば、あぁ成程ねーと。


【L1 Ultramaximizer】
 Limmterです、とりあえずMasterに挿しておきます(何
 先ほどのIDRも組み込まれていたりと…まぁなんですかネ。


【Q10】
 Q1,2,3,4,6,8,10 × Stereo/Mono の計14つ。
 EQです。こんなに要らないってば!!


【Renaissance Axx】
 名前からして謎、り、りねいさんす?りないせんす?
 音圧稼ぎにどうぞ。
 RBass も入って、2種×Stereo/Monoで計4つ。

 ・Renaissance Axx
  Comp+Limitter。
  設定する項目が少ないので音圧稼ぐのにラクです。(ThresholdとGainくらい)
 ・RBass
  周波数帯を決めて、あとは上のとおり。
  ベースTrackの持ち上げがラク。
  でもこれってC1Comp-Gateでもいいんじゃない?(何


【S1】
 音の広がりをコントロールするアレです。
 響き狭いし、リバーブでも補いきれないと思ったらこれ?
 狭くも寄せたりも出来るので、定位で困ったらこれ?


【SuperTap】
 ~[26] × Stereo/Mono/StereoMono の計6つ。

 Doublerと似た感じですが、ザックリで下の点が違います。
 ・Detune、Dapth、Rate設定ができない
 ・Delayが5944msまで。(環境で値は変わるのカナ?
 ・音発生源別のEQ設定

 こだま もしくは エセDelayな使い方でしょうか。


【TrueVerb】
 Stereo/Mono/StereoMono の計3つ。
 Direct、EarlyReflection、Reverbの3つがコントロールできます。

 先ほどのIR-Lもですが、これもWetが -0db 設定(事実上のフルWet)なので、
 ド派手にリバーブがかかってナニコレ状態です。

 これも値を下げるとあぁ成程な感じに。
 音的にはIRのほうが好み(何



よーし、これでひととおりまとめ終了。
私はなんとなく納得しました。
C1、IR-L、L1、Renaissance Axx、あたりは常時需要ありなので、
買ってよかったと思いますのー。


C3やらL4等の上位プラグインは入っていませんが、
ワタクシ無勢が音楽やるには十分すぎるかと。

PowerNativeの上となると…
…手が届かないわけではないけどけっこーキテルヨーな感じに。
Silver Native 7万
Gold Native 9万

一番上は、
Mercury Native 75万
はひぃ。

拍手[0回]

PR
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password