忍者ブログ
HOME   »   VST(i)  »  z3ta+2を買ってみた。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
アタシの打った4つ打ち系の曲は
<「z3ta+」「vanguard」で出来上がっている>
といってもいいくらいの依存ぶりを発揮させてくれた「z3ta+」さん。

そんな「z3ta+」さんが「2」になった!
え…メジャーバージョンアップですか?
…完全に予想ガイでぃすの。

さっと使ってみての個人的な感想ですががが。

・プリセットが1000個(って書いてあった)追加
  新プリセは「1」に比べると音が大人しい気がしますネ。
  付属のArpegipがよいからか、それっぽいシーケンスも入ってますー。
  が、音作りしやすいI/Fになったので、プリセットいじる方向で是非。

・音色選択がジャンル別にカテゴリ化
  これ便利ですねー。
  「A-G」のような謎区分でなく「Lead/Arp/Seq...」などになりました。
  ちなみに、新旧プリセット共この形に収めなおしされてます。

・アルペジオパターンの可視化
  最後まで聴かなくてもパターンが分かるのが良いネ。
  可視化ウィンドウでパターンいじれれば最高だったのに…惜しい。
  あ、.midファイルを読み込めるようになりましたョ。
  DMSなりでリフ集買っておくと、そのまま適用できるというパターンです。
  実際、デモ用?でDMSのリフが付属されてましたです。

・Gate機能がついた!!
  「z3ta+」にGateがなくて、やむなく「vanguard」だったものが、
  「z3ta+2」1本でOKな時代が到来。でもarpとの併用は不可でございます…
   arpのGateModeとはまた別物....なんだよね?(汗 よく分かってない
  自分でパターンいじれるのかは…良く分からんでした。
  マニュアルに記載がなかったよーな気もしますけど…どーなんでしょう?

・エフェクトの順番が入れ替えられる
  EQ,Comp,Rev,入れ替え自由!これはけっこーお気に入り。

・エフェクトとしてプラグインできなくなった...?
  そもそもVSTのDLLとして昔の「~_fx.dll」がなくなったですし。
  んーでも、あれ重過ぎるので誰も使ってないって判断かしらねぇ…。

全体


エフェクタ


ゲート





これを機会になにか作ろうかな…。

拍手[0回]

PR
Comment
Trackback
Trackback URL

Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password